Jam Photo Gallery
259515632_266284712018685_2831583775911873860_n.jpg

© 2022 Masato Takigawa

Current Exhibition

滝川雅人 写真展

『人人』
2022年1月18日(火) ~ 2022年1月30日(日) 12:00-19:00(日曜17:00迄) 月曜休廊

2019年11月、初めてインドに訪れた。
首都のデリーを中心に アグラ、ジャイプル、ブッダガヤ、バラナシ、ムンバイなどを巡った。
目的地まで車で走っている途中、生活している人々の姿を車窓からカメラを向けて撮り始めた。

歩きながらも目に見えたものをひたすら撮り続けた。

そこにいる人々を目の前にしたとき、純粋な全体感を感じ、能動的になっている自分と向き合い続けた。

10日間の滞在中、どこか奇妙な心地良さを感じていた、そんなインドでの写真を展示します。

滝川雅人 たきがわまさと

1992年 東京都生まれ
祖父が記録し続けてきた家族写真や8mmフィルムの映像に影響を受け写真に興味を持つ
2011年 東京工芸大学芸術学部写真学科入学
2016年 東京工芸大学芸術学部写真学科大学卒業
現在ファッションモデルとコラボした作品制作を主に活動している

270601099_457374446017478_7321993147700108607_n.jpg

Next Exhibition

大和田良ゼミ14期修了展
『ROWS14.exhibition』
2022年2月15日(火) ~ 2022年2月20日(日) 12:00-19:00(日曜17:00迄)

この度、第14期となる大和田ゼミ修了展を行います。
大和田ゼミにおいては、常に写真の新しい可能性や探求を目的とした、実験的な制作や思考のプロセスそのものを第一の成果としています。そのため、作品の中にはまだ研究や制作の途上にあるものも含まれます。展示においてそれぞれが表すものは、単になにかの造形が描かれた写真ではなく、そこにたどり着く、あるいはその途上にある歩みや姿勢そのものであるとも言えるでしょう。展示においては、そのような修了生それぞれの制作に、訪れていただける皆さまの観る側からの視点や言葉を重ねて頂ければと思います。

大和田ゼミ14期(順不同)
くぼたけいこ 塩田令子 高知尾享 石井陽子 猪又正男 塩澤朋子

271208041_6598574906883897_825905070619400486_n.jpg

© 2022 Reina Kanamori                   

Upcoming Exhibition

金森玲奈 写真展

『20110701_20210701』
2022年2月22日(火) ~ 2022年3月6日(日) 12:00-19:00(日曜17:00迄) 月曜休廊

東日本大震災が起こった2011年。地震発生から約4ヶ月後の7月1日、週刊誌の取材で宮城県の田代島を訪れた。島の人口よりも猫が多いことで有名だったこの島も地震の爪痕は深く、それでも猫たちは変わらずそこに居た。半壊した家の中で子育てをしていた1匹の猫にまた会いたいという想いから、折に触れ再訪するようになった田代島と猫たちとの記憶を震災から10年という節目をきっかけに見つめ直した展示です。

金森玲奈 かなもりれいな

1979年東京都生まれ。東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。東京藝術大学附属写真センター勤務等を経て2011年よりフリーランスとして活動を開始。写真に関連したワークショップや撮影会、池尻大橋のアトリエでのチャリティー写真展などを企画する『ケの日、ハレの日』を主宰している。個展・企画展多数。https://www.kanamorireina.com