top of page
434153223_383571191156349_5836058531972718738_n.jpg

© 2024 Keiko Takamura

Current Exhibition

高村啓子 写真展
 波打つ光 

2024年5月21(火)  2024年6月2(日) ※12:00-18:00(日曜17:00迄) 月曜休廊 

 

都会で生まれ育った私は夏になると、両親の故郷である長野県へ度々避暑に連れて行かれた。木々の隙間から射し込んでくる木漏れ日は土の上に光と影を交錯させ、風が吹くと波のように揺れていた。あの頃、森に棲む多くの小さな生命の存在に気付き、自分もまた一つの生命として光を浴びていることを実感した。それらは夥しい蝉の鳴き声と共に記憶の底に眠っている。
 
今でもあの陽射しはあの場所で同じように輝いているだろうか。夏の眩しい輝きは時折、日常生活の中でサブリミナルのように私の心をよぎる。いつしか私は遠い記憶にある景色を求めて森へ行く。木漏れ日を浴びながら小さな生命の鼓動に耳を澄ませる。
 
銀塩写真の粒子感は木漏れ日を想起させる。もしかすると私は暗室に篭りながら、幼い頃に見た木漏れ日を追い続けているのかもしれない。植物に暗室で水遣りをして、瑞々しさを取り戻させることで私のプリントは成り立っている。記憶を辿りながら水の中であの時の残像を記録しているのだ。

高村啓子 たかむらけいこ

建築の仕事に関わりながら2017年から写真を学び、

現在も一貫して銀塩プリントに拘り作品制作を行なっている。

個展
2023「Urban buoyancy」ギャラリーソラリス
2023「Urban buoyancy」Place M
2021 「ETHER 2021」space2*3 
2020「浮遊する湿度」Place M

グループ展
2024「Urban buoyancy」FOTOZOFIOの17名のアーティストに選出される  パブリックスペース/ FOTOZOFIOセンター
2022 「Two Plants」K2⁺ギャラリー(二人展)
2021  アート・サクレに入選  参加  セント・ニコラス教会(フランスコンピエーニュ市) 
2021  Photographic Art Asia ギャラリー5610
2019  アート・サクレに入選  参加  サン・ピエール教会(フランスサンリス市)

福岡2024メインビジュアル.jpeg

© 2024 Yoko Fukuoka

Next Exhibition

福岡陽子 写真展
 - 記憶術 II - 

2024年6月11(火)  2024年6月23(日) ※12:00-18:00(日曜17:00迄) 月曜休廊 

 

ここ数年、蝋引きした写真を組み合わせた作品を作っている。写真をプリントした紙に溶かした蝋を染み込ませると半透明になり、重ねた時に下の画像が透けて見える。昨年の個展「記憶術」では蝋引きした写真を使ったコラージュ作品を展示した。さまざまなイメージを重ねて、何かを思い出す直前に頭の中にある情景を表現した。

今回の作品は、過去の蝋引き写真のシリーズから選んだものが中心となっている。これらの作品には、蝋引きという手法以外にも共通点がある。どちらも撮影してから数ヶ月、あるいは数年間寝かせてから作品化しているのだ。撮影直後は写真と個人的な思い出の結びつきが強すぎる。時間が経ちイメージと素直に対話できるようになってやっと、写真を自分の作品にできるのだ。

作るたびに表現が複雑になってゆくような気がするが、あくまで写真で作品を作るということにこだわってきたのは、写真は撮影された時点では現実だった、という事実を気に入っているからだ。一枚の写真に共有されていたリアルが時間とともに横滑りし、そこにファンタジーの入る余地が生まれてくる。私は写真におけるこのような時間の作用に面白みを感じる。

捉えられたイメージを変容させていく「時間」そのものが形になった、そんな作品を作りたいと思う。そのための方法は未だ模索中であるが、これらのコラージュ作品は大きなヒントになる予感がする。作りながら考えながら、イメージとの対話は終わらない。

福岡陽子 ふくおかようこ

栃木県出身
1993 青山学院大学文学部第二部 英米文学科卒業
2007 東京写真学園レベルアップフォトレッスンコース終了
2010年より2014年まで 写真家 松本路子氏のワークショップに参加

 

■ 個展
2010 「世界パズル」ギャラリー・ニエプス(四谷)
2011 「本の街から」本と街の案内所 (神田神保町) 
2015 「本と物語、または時間の肖像」森岡書店 (茅場町)
2018 第11回「手業展」同時開催「福岡陽子写真展『Biblioscenery / ビブリオシナリー』」

   Gallery幹 (京都)
2018 「Biblioscenery / ビブリオシナリー」友愛診療所 (京都)
2019 「Biblioscenery / ビブリオシナリー」Art Gallery M84 (東銀座)
2021 G.I.P. Selection 福岡陽子 写真展「見ているきみがぼくなのだ」space2*3 (日本橋本町)
2023 「記憶術」JINEN GALLERY(日本橋小伝馬町)

2043 「パリンプセスト」JINEN GALLERY(日本橋堀留町)
■ おもな受賞歴
2015 『御苗場 vol.16 横浜』エプソン賞受賞

2017 写真展『アートの共演 2017睦月』フレームマン賞受賞
2020 写真展『アートの共演 2020明春』G.I.P. Tokyo賞受賞
2021 写真展『アートの共演 2021風花』M84賞受賞
2022 『芦屋写真展』佳作

bottom of page